ビジネス好き!

ビジネスについて考えたり話したりするのが三度の飯より好きなので、その時々に書いてます。

バイマに向いてるひと、向いてないひと

バイマに向いてる人って?

 

何をするにも向き不向きというのがあります。

向いてないことをやっても苦痛だし稼げないので、向いてない、とおもったらすぐ止めて別の道を探すことも大切です。
 
 
では、バイってどんな人がするのに向いていると思われますか?
 
 
ブランド品が好きな人。
流行が好きな人。
売買が好きな人。
写メが好きな人。
 
 
どれも間違いではありません。
 
 
何にでも向き不向きがありますので、
向いてない!と思われる場合は早めに道を変えるのも重要です。
 
 
私がバイに向いていると思う人は、
 
「美しいモノとビジネスに強い関心のある人」
 
です。
 
 
バイではファッションの現場を扱っていきます。
ファッションですから、流行の美を追求しています。
 
そして「美」のセンスには色々ありますね。
流行の美の好みも趣味も沢山あります。
 
 
世の中の人々は多くの違う美的感覚とセンスを持っていますので、
それゆえファッションに多様性が存在しています。
 
 
この多様性を生かさない手はないんですね。
 
あなたが好きなものを、好きな人は必ずいる。
 
あなたがいいと思うものを、いいと思う人は、必ずいる。
 
ということなんです。
 
 
なので、自分がいいと思うものに正直になることが、まず第一です。
 
それが、昨日の課題、何の商品に思いを巡らせ、マイプロフィールづくりに反映させるか、というところです。
 
 
そして、売れるようになるということは、自分自身が成長拡大し、市場から認められるようになる、ということです。
 
 
バイは「物販」ですから、モノを扱います。
それゆえ購入に際してリピート性がある、ということが、
ビジネスとして成長可能性を十分含んでいるということです。
 
 
美しいモノを扱いながら、ビジネスする。
これをやりたい人は、バイで活躍できる可能性をふんだんに持っています。
 
 
 
ビジネスすするということは、お客様を全力で応援したい、という気持ちを持っているかどうか、ということです。
 
 
自分が儲かればいい、という視点だけだと、
だんだん軸がぶれていき、顧客離れが進んでいきます。
 
 
自分が儲かるのと一緒に、愛も運ぶ。
 
 
これが、お金と気持ちをつなぐ円満ビジネスになっていきます。
 
 
もちろん、実際にはお客様の中にも、困ったお客様もいます。
言いがかりをつけてくるクレーマーもいます。
 
 
バイではそういう方は、ブロックできますので、心配せずに、自分が良いと思う方法をとることができます。